トキリマメ

トキリマメ(マメ科)[尖り豆・吐切豆?]

名の由来は不明だが、一説には葉の先がとがった形なので「尖り(とぎり)」の転という。タンキリマメと同じく、痰を排出しやすくする作用がある豆の意とも。別名オオバタンキリマメという。
低地~丘陵地の林縁に生えるつる性の多年草で、つるは細く全体に黄褐色の短い軟毛がまばらにつき、他の草木に絡んで長く伸びる。
葉は互生し3小葉からなり、頂小葉は側小葉より大きく、長さ4-8cm、幅3-6cmの卵形で基部は円形、先は細くなって先端はとがる。下半分(基部寄り)の幅が広い。質は薄く裏面にややまばらに伏毛が生え、黄褐色の腺点がある。葉柄基部に狭卵形の托葉、小葉柄に糸状の小托葉がある。
葉腋から柄のある長さ3-5cmの総状花序を出し、長さ約1cmの黄色の蝶形花をつける。萼は長さ4-5mmで浅く5裂して黄褐色の腺点があり、萼裂片は3角形で全て萼筒より短い。雄しべは2体。花柱は無毛。
果実は長さ1.5-2cm、幅1cmの扁平な長楕円形の豆果で、ほとんど柄がなく先端がとがる。熟すと紅色になり、2片に裂開して種子が現れるがさやについて残り、はじき飛ばされない。種子は2個、長さ5-6mmの光沢のある黒色。果皮の紅色と種子の黒色との二色効果で鳥に対するシグナルとする。
よく似たタンキリマメは、小葉の中央から上に最大幅があり、先が細くならない。葉や萼、豆果にも毛が多い。
花期:7-9月
分布:本(宮城県以南)・九
撮影:2017.8.28 横浜市戸塚区
トキリマメの花
花は長さ1cmほど。萼に伏毛と腺点がある。 2017.8.28 横浜市戸塚区

トキリマメの葉
小葉の最大幅は中央より下(基部寄り)にある。先は細くなってとがる。
2017.11.2 横浜市緑区

トキリマメの若い果実
若い豆果。先端がとがる。 2017.10.2 横浜市栄区

トキリマメの果実
紅色に熟した裂開前の豆果。微毛が密に生えるが目立たない。
2016.11.16 横浜市戸塚区

トキリマメの裂開した果実
裂開した豆果。光沢のある種子が果皮について残る。樹木のゴンズイに似る。二色効果で鳥に散布を頼るタイプなのだろう。
2017.11.29 横浜市栄区

タンキリマメに戻る  ノササゲに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。