トンボソウ

トンボソウ(ラン科)[蜻蛉草]

山地の湿った林内に群落をつくって生え、高さ15-35cmになる多年草。葉は、下部に2個あり、狭長楕円形~広披針形、上部に数個の鱗片葉がある。茎頂に淡黄緑色の目立たない小さな花を総状に多数つける。唇弁は3裂しT字状で、中裂片は舌状で長さ4mm、基部の両側が耳状に張り出す。距は白く、長さ5-6mmで後方に突き出る。花をつけない株の葉は1個のみ。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.7.23 岩手県久慈市
トンボソウ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。