トチバニンジン

トチバニンジン(ウコギ科)[栃葉人参]

山地の林内に生え、高さ50-80cmになる多年草。茎の中ほどに長い柄のある葉を3-5個輪生する。小葉は普通5小葉。茎は直立して、先端に球状の散形花序をつけ小さな黄緑色の花を多数咲かせる。花は目立たないが、果実は直径6-7mmで赤くてよく目立つ。名は葉がトチノキの葉に似て根茎が太いことからついた。別名チクセツニンジンという。果実の先端が黒いものをソウシシヨウニンジン〈想思子様人参〉という。想思子とは、マメ科植物のトウアズキの種子のこと。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2001.7.7 秋田県田代町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。