トウゴクサバノオ

トウゴクサバノオ(キンポウゲ科)[東国鯖の尾]

東日本に多く、熟した果実の形がサバの尾に似ているのでこの名がある。
山地の沢沿いなど、やや湿ったところに生え、高さ10-25cmになる全体無毛の多年草。
根生葉は数個出て、茎葉は対生する。葉は複葉で小葉は3-5個。
花は直径6-8mmで、淡黄白色で花弁のように見えるのは萼片で、内側の黄色い部分が花弁。夏に株元に閉鎖花をつける。
花期:4-5月
分布:本(宮城県以西)・四・九
撮影:2004.5.9 群馬県富士見村
トウゴクサバノオ-2
花の左側に見えているのが名前のもとになった果実。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。