トウネズミモチ

トウネズミモチ(モクセイ科)[唐鼠黐]

明治時代初期に導入された中国原産の常緑小高木で、高さ5-13mになる。よく公園に植えられており、一部逸出しているものがある。樹皮は灰褐色で多くの皮目がある。
葉は対生し、長さ6-14cm、幅3-5cmの広卵形~卵状楕円形で全縁、先はしだいに細くなってとがり、基部は広いくさび形~円形、最大幅は基部寄りにある。革質で光沢があり、両面とも無毛。表面は濃緑色、裏面は淡緑色で側脈は明瞭、葉を日にかざすと側脈が透けて見える。葉柄は長さ1-2.5cm。
本年枝の枝先に長さ10-20cmの円錐花序を出し、小さな白色の花を多数つける。花冠は長さ3-4mmの筒状漏斗形で、先は4裂し裂片は平開し筒部よりやや長い。雄しべは2個、花糸と花柱は花筒から突き出る。
果実は液果状の核果で10-12月に熟し、白粉をかぶった紫黒色で長さ0.8-1cmの球形。種子は黒色で表面に大きなしわがある。
果実を干したものを漢方で女貞といい、強壮薬にする。
日本産のネズミモチとよく似ているが、ネズミモチは、葉が少し小さくてより厚い。側脈は不明瞭で、日にかざしても透けない。花序は小さくて花は大きく、花期は6月でトウネズミモチより早い。果実は明らかな楕円形。
花期:6-7月
分布:帰化植物
撮影:2009.6.28 東京都杉並区
トウネズミモチ-2
花序はネズミモチより大きく、長さ10-20cm。 2009.6.28 東京都杉並区

トウネズミモチの葉
葉を日にかざすと脈が透けて見える。 2017.12.19 横浜市中区

トウネズミモチの果実
果実はほぼ球形で白粉をかぶった紫黒色。 2017.12.19 横浜市中区

ネズミモチに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。