トウオオバコ

トウオオバコ(オオバコ科)[唐大葉子]

牧野富太郎によれば、異国風なので「唐」の字をあてたものとされる。
日当たりのよい海岸の礫地や草地に生える多年草で日本産のオオバコでは最大。花茎はオオバコに比べると明らかに長く、長さ0.4-1mになる。群生せずにぽつりぽつりと単独で生えていることが多い。
葉は10-17個が根生し、無毛、厚めの革質で平行に走る7-8本の脈がある。長さ10-30cm、幅5-18cmの広卵形で縁に不規則な波状の歯牙があり、先は鈍い。基部はしだいに狭まって長さ3-20cmの柄に続く。
夏に長い花茎を1-5個伸ばし、多数の白色の花を穂状花序につけ、下から咲いていく。花序は花茎の1/2~3/4を占める。花は苞の腋ごとに1個ずつつき、苞は卵形で先はややとがる。萼は膜質、筒状で4裂する。萼片は長さ2mmの楕円形で先が円く、縁は白色で乾膜質。花冠は筒形で先は4裂して開出する。花は雌性先熟であとから雄しべが飛び出して花粉を散らす。雄しべは4個で花冠の外に長く突き出る。葯は2室で花糸に丁字着する。子房は2室。
果実は楕円形の蒴果で上半部は半円形、萼の約2倍長で上下に2裂する蓋果。種子は1果内に8-12個あり、長さ1mmの長楕円形で濃褐色、やや稜角があり、腹面は平たい。
北海道と青森県の海岸には葉が厚く光沢があるものが生え、テリハオオバコというがYListではトウオオバコと区別していない。
オオバコは小さく、種子は1果内に4-6個。海岸にはほかにエゾオオバコが生える。
花期:6-8月
分布:(北・)本・四・九
撮影:2001.9.22 青森県三厩村
トウオオバコ-2
海岸の礫地に多い。 2016.7.29 神奈川県三浦市

トウオオバコの花
雄しべは花冠の外に長く突き出る。 2016.7.29 神奈川県三浦市

エゾオオバコに戻る オオバコに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。