ツボミオオバコ

ツボミオオバコ(オオバコ科)[蕾大葉子]

名は、花冠が花時にも開かず、果時になってもそのままで蕾のままのように見えることからついたもの。別名タチオオバコという。
道端や荒れ地などに生える北アメリカ原産の1~2年草で全体に白毛が密生する。太い直根がある。
葉は多数が全て根生して横に広がり、長さ3-10cm、幅1-2cmの広倒披針形で先は鈍頭または短くとがり、基部はしだいに狭まって短い柄となり、縁は全縁~低い波状の鋸歯がある。
花茎は葉よりはるかに長く直立し、高さ10-50cmで長さ5-20cm、幅5-6mmの円柱形の穂状花序に多数の花を密生してつける。稔性花と不稔性花が別株につくかまたは混在する。花は長さ2mmの狭卵形の苞があり、萼は長さ2-2.5mmの長楕円形で軟毛がある。花冠は長さ2.5-3mm。淡黄褐色で4深裂し、乾膜質半透明、不稔性花では平開、稔性花では筒部より長くて直立して果時まで残り、雄しべは花冠内から出ない。雄しべは4個、雌しべは1個。
果実は卵円形の蒴果で2個の種子を入れ、横に裂開する。種子は淡赤褐色で長さ1.8mmの長楕円形。
在来のエゾオオバコも葉の数が多く、多毛であることが似ているが、花冠裂片は広く開き、果実は4個の種子を入れる。
花期:4-8月
分布:帰化植物
撮影:2006.5.5 東京都府中市
ツボミオオバコ-2
2006.5.5 東京都府中市

ツボミオオバコ-3
普通に見るものはいつまでも花冠が蕾のような状態に見え、雄しべは見えない。
2016.4.27 神奈川県横須賀市

ツボミオオバコ-4
普通のオオバコのように雄しべを突き出しているものもときどき見られる。花冠が平開する不稔性花か?
2006.5.5 東京都府中市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。