ツクバキンモンソウ

ツクバキンモンソウ(シソ科)[筑波金紋草]

ニシキゴロモの変種で、日当りのよい丘陵地の林縁などに生え、高さ5-15cmになる多年草。走出枝は出さない。
ニシキゴロモが主に日本海側に生えるのに対し、これは岩手県以南の主に太平洋側に分布する。関東地方以西と書いてある図鑑が多いが誤り。東京都ではきわめて少なく、絶滅危惧ⅠB類(南多摩)とされている。
葉は長さ1-3cmの柄があって数対が対生し、長さ72-6cm、幅1-3cmの長楕円形~広卵形で縁に鈍い鋸歯があり、基部はくさび形、先は円い。葉脈がはっきりと濃い赤紫色になり、葉裏は全体が赤紫色になる。両面に毛がある。
花穂はなく、葉腋に2-6個の淡紫色~白色の花をつける。萼は長さ約6mmで先が5裂し、毛がある。花冠は長さ1cmほどの筒部がある唇形で、下唇が大きく、3裂して中裂片が特に大きく切形で平開する。上唇は直立してごく短く、長さ1mmの半円形で2浅裂する。雄しべは4個2が長く、花外に突き出て花冠の上からはっきりと見える。柱頭は2裂する。
果実は4分果で倒卵形。
ただ、葉だけでは決め手にならず、何よりもニシキゴロモは花冠上唇が3mmほどあってはっきり上唇がわかるのに対し、本種はせいぜい1mmほどときわめて短く、雄しべがむき出しになっていることで判断する。
花期:4-5月
分布:本(岩手県以南の太平洋側)・四
撮影:2008.4.30 東京都八王子市
ツクバキンモンソウの花(拡大)
ツクバキンモンソウの花冠。上唇がほとんど発達していないことがニシキゴロモとの区別点。ニシキゴロモの上唇は動物の耳状に伸びる。
2004.5.7 群馬県黒保根村

ツクバキンモンソウの葉裏
葉裏は赤紫色。 2004.5.7 群馬県黒保根村

ニシキゴロモに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。