ツクバネウツギ

ツクバネウツギ(スイカズラ科)[衝羽根空木]

名は、5個の萼片と果実の組み合わせが、羽子板遊びの羽根(衝羽根)に似ていることからついたものといわれる。しかし、ビャクダン科の落葉低木であるツクバネは、果実の様子がそれにそっくりで名付けられたことからすると、「ツクバネの果実の形」に似ていることからついたと考えてもおかしくない。
丘陵~山地の日当たりのよいところに生え、よく分枝して高さ1-2mになる落葉低木。
本種は、葉の形とその大きさ、花の色とその大きさ、萼片の大きさなど、全体的に変異の幅が大きく、細かく分けて考えるときりがないほど多様。
若枝は赤褐色で滑らかだが、のちに不規則な割れ目ができ灰褐色となる。
葉は対生し、長さ2-6cm、幅1-4cmの卵形~長楕円形で、縁は不規則な粗い鋸歯があるかまたは全縁、基部は円いくさび形~円形で先は急に細くなりとがる。表面は緑色で脈上に毛があり、裏面は帯白緑色で脈上に毛があり主脈の基部には白い開出毛が密生する。葉柄は長さ1-6mmでほぼ無毛。
本年枝の先に集散花序を出し、白~淡黄白色の花を普通2個ずつつける。花冠は長さ2-3cmの漏斗状鐘形で、基部は細長く、急に膨らんで先が5浅裂(上唇2裂、下唇3裂)する。下唇の内側には橙色の斑紋がある。雄しべは4個、雌しべは1個で柱頭は斜めの円盤状でわずかに2裂する。花筒の基部に棍棒状の蜜腺がある。萼は基部まで5裂し、萼片は長さ0.5-1.2cmの長楕円形で全て同じ大きさなのが特徴。
花後、5個の萼片が果実の先端に残る。果実は長さ0.8-1.4cmの線形の痩果で縦に稜がある。種子は長さ約5mmの細い円柱形。
変種のウゴツクバネウツギは、主に北日本の日本海側に生え、葉がツクバネウツギより厚くて光沢があり長さ5-10cmと大きく、花冠もより大きく、若い枝や葉柄などに開出毛があり、蜜腺の形も異なる。
深山に生えるオオツクバネウツギは、やや花が大きく、5個の萼片のうち1個が小さいか4個しかないものもある。
ベニバナノツクバネウツギはやや標高の高いところに生え、花冠は淡紅色~濃紅色。
花期:5-6月
分布:本(岩手県以南)・四・九
撮影:2017.5.9 横浜市栄区
ツクバネウツギ-2
2017.5.2 神奈川県逗子市

ウゴツクバネウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。