ツメクサ

ツメクサ(ナデシコ科)[爪草]

名は細い葉が鳥の爪に似ていることからついたもので、シロツメクサなどの「詰草」とは由来が異なる。
庭や道端に普通にある1~2年草で高さ3-15cmになる。根もとから分枝して株をつくり、茎の上部には短腺毛がある。
葉は対生でときに接近して輪生状、やや多肉質。長さ0.7-2cm、幅0.8-1.5mmの線形で全縁、先は鋭くとがりやや下向きに湾曲する。托葉はない。
茎の上部の葉腋から長さ1-2cmの花柄を出して、直径4mmほどのごく小さな白い花を1個ずつつける。花柄には短腺毛がある。萼片は普通5個で長さ2-2.5mmの卵形~楕円形、先は円く外面に短腺毛がある。花弁は5個で卵形~楕円形で先は円く、萼より短いか同長。まれに花弁が退化してないものもある。雄しべは5-10個。子房は上位で1室、花柱は5個で柱頭は花柱の内側につく。
果実は萼片よりやや長い卵形の蒴果で熟すと5裂する。種子は濃褐色、長さ0.3-0.5mmの広卵形で表面に円錐形のとがった小突起がある。
海岸に生え、葉は太くて厚く、種子の突起は目立たないものをハマツメクサという。
花期:3-7月
分布:日本全土
撮影:2015.4.28 横浜市南区
ツメクサ-2
2001.9.9 青森県八戸市

タカネツメクサに戻る ハマツメクサに戻る イワツメクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。