ツメクサ

ツメクサ(ナデシコ科)[爪草]

名は細い葉が鳥の爪に似ていることからついた。庭や道端に普通にある1~2年草。茎の上部の葉腋に1個、直径4mmほどのごく小さな5弁の花をつける。根もとから分枝して株をつくり、茎の上部には腺毛がある。海岸性の変種をハマツメクサという。
花期:3-9月
分布:日本全土
撮影:2001.9.9 青森県八戸市

タカネツメクサに戻る ハマツメクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。