ツルアジサイ

ツルアジサイ(アジサイ科)[蔓紫陽花]

アジサイの仲間でつる性なのでこの名がある。別名ゴトウヅル、ツルデマリという。
山地のやや湿った林内や林縁に生えるつる性の落葉木本で、枝から気根を出して他の木や岩に絡みつき、10-20mに伸びる。樹皮は褐色で縦に短冊状に薄くはがれ、若枝は褐色~帯赤褐色で縮毛がある。
葉は対生し、樹上の葉は長さ5-12cmの広卵形で先は鋭くとがり、基部は円形~浅い心形。縁に鋭く細かい鋸歯が片側30個以上整然と並ぶ。両面とも脈に沿って短毛があり、裏面脈腋に毛叢がある。裏面は帯白色。葉柄は長く、3-10cmで上面の両側に長い軟毛がある。地面をはう幹の葉は小さく、長さ3-5cm程度。
枝先に直径10-17cmの集散花序を散房状に出し、多数の両性花を3-7個の白色の装飾花が周りをまばらに囲む。両性花は黄白色の花弁5個の先が合着して長さ1.5-2mmの帽子状になり、開花直後に開かないまま落ちる。花柄は長さ1.5mm。萼筒は長さ1.5-2mmの倒円錐形で萼歯は低い3角形で5個。雄しべは多く15-20個、花糸の長いものは長さ3-5mm。花柱は2個、ときに3個。花柱と萼片は果時にも残る。装飾花の花柄は長さ1.5-3cm、萼片は3-4個で花弁状、長さ1.5-2cmの倒卵状円形~広卵形。
果実は直径3-4mmの球形の蒴果で9-10月に熟す。低い萼歯と開出する花柱が残る。種子は長さ約1.5mmの淡褐色で扁平な卵形で、縁に翼がある。春先の若い芽を山菜として利用する。
よく似たイワガラミは装飾花の萼片は1個。葉の鋸歯が大きくて少なく片側20個以下。葉をもむとキュウリのような青臭い臭いがある。
花期:6-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2010.6.13 秋田県にかほ市
ツルアジサイ-2


ツルアジサイ-3
両性花の雄しべは15個以上と多い。先が合着した花弁は開花直後に脱落する。装飾花の萼片は普通4個。

イワガラミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。