ツルボ

ツルボ(キジカクシ科)[蔓穂]

名の由来は不明。花序を公家が参内するときの柄の長い傘にたとえて、別名サンダイガサ〈参内傘〉という。
日当たりのよい河川敷や海岸草地などに群生する多年草。鱗茎は長さ2-3cmの卵球形で外皮は黒褐色。
葉は春に葉を出して夏にいったん枯れ、初秋に花茎とともに再び葉を出す。葉は厚く軟らかく、1-3個(普通2個)が根生し、長さ15-25cm、幅4-6mmの線形~線状倒披針形で表面は浅くくぼむ。
葉の間から20-50cmの花茎を出し、長さ7-12cmの総状花序に直径0.8-1cmの淡紅紫色の花を多数つけ、下から上に向かって咲き上がる。花被片は6個で平開し、長さ3-4mmの狭長楕円形~倒披針形。雄しべは6個、花被片と同長で花糸は糸状だが下部はやや広がり縁に短毛がある。子房は長さ2-3mm、縦に3稜があり、稜角に短毛がある。花柱は1個で長さ1.5-2mm。
果実は長さ4-5mmの倒卵形の蒴果で熟すと縦に裂ける。種子は長さ4mmの広披針形で黒色。
鱗茎は有毒だが、かつては飢饉の際の救荒植物として利用したらしい。
白い花をつけるものをシロバナツルボという。
花期:8-9月
分布:日本全土
撮影:2014.9.18 横浜市中区
ツルボの花
ツルボの花。 花糸も花柱も紅紫色。 2017.9.7 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。