ツルグミ

ツルグミ(グミ科)[蔓茱萸]

枝がつる状に長く伸びるのでこの名がある。
沿海地~低山の林内や林縁に生える常緑低木。樹皮は灰黒色で円い皮目があり、縦に裂け目が入る。枝は長くつる状に伸び、若枝は赤褐色の星状の鱗状毛がある。刺状の小枝が下向きに伸びて他の木に絡む。
葉は革質で互生し、長さ4-8cm、幅2.5-3.5cmの長楕円形~卵状長楕円形で先は長くとがる。若葉の表面には銀色の鱗状毛があるが、成葉は深緑色、表面は無毛で光沢があり、裏面には赤褐色の鱗状毛が密生する。葉柄は0.5-1cm。
葉腋に2-3個の花が束生する。花柄は長さ3-7mmで赤褐色の鱗状毛が密生する。花弁はなく、萼は黄白色で4裂し、裂片は広卵状3角形。萼筒は長さ4-6mmで細く裂片の2倍長、基部に向かってしだいに細くなる。外面に赤褐色の鱗状毛が、内面には星状毛を密生する。雄しべは4個で萼筒に萼裂片と互生してつく。
偽果は長さ1.2-1.8cmの長楕円形で、萼筒の基部が肥厚して核果状になったもの。中に1個の核が入っていて翌年の5月に赤熟する。表面に褐色の鱗片が散生する。
ナワシログミとの雑種をマルバツルグミ、オオバグミとの雑種はアカバグミという。
オオバグミはつる性でよく似ているが、沿海地に生え、葉が円形~広卵形で大きく、裏面の鱗状毛は銀白色で白く見える。
花期:10-11月
分布:本(福島県以南)・四・九・沖
撮影:2008.11.1 東京都八王子市

オオバグミに戻る ナワシログミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。