ツルフジバカマ

ツルフジバカマ(マメ科)[蔓藤袴]

名は、葉のつけ根のとがった托葉を袴に見立てたとも、花の形自体を袴に見立てたともいわれる。また、牧野富太郎によれば花の色をキク科のフジバカマに見立てたという。
山野のやや乾いた草原や道端に生える多年草で、つる(茎)を伸ばして他の草に巻きひげで絡みついて2mほどまで伸びる。つるはやや4稜があって僅かに軟毛がある。根茎を長く伸ばして殖える。
葉はほぼ無柄で互生し、偶数羽状複葉で先端は分枝する巻きひげとなる。小葉は互生または対生しやや革質で10-22個(5-11対、ふつう7対)あり、長さ1.5-4cm、幅0.5-1.2cmの狭卵形~長楕円形でふつう両面に白軟毛があり、ときに無毛となる。側脈はふつう主脈から30度以内の狭い角度で分かれる。托葉はやや大きくて小葉の半長ほどで質は厚くて硬く、数個の粗い歯牙がある。
葉腋から出る長さ4-15cmの総状花序の一方に偏って紅紫色で長さ1.2-1.5cmの蝶形花が密につく。苞はごく小さい。萼は長さ6-7mm、5個の萼裂片は細くとがり不同長、最下の1片は他より長く、萼筒と同長またはやや短い。旗弁の舷部と筒部は同長、竜骨弁は翼弁より短く、鈍頭。
果実は長さ2-3cm、幅5-6mmの扁平な狭楕円形の豆果で鋭頭、無毛で3-5個の種子を入れる。種子は暗褐色の楕円体で長さ約3mm、幅3.1-3.3mm。
クサフジとよく似ていて、慣れないと見分けが難しいかもしれない。クサフジは小葉が18-24個で細長く、花穂も細長く花色は赤みが少ない。花が咲き始めるのはクサフジのほうが早く、5月頃から咲き始める。托葉は深く2裂して小さい。海岸に生えるヒロハクサフジは、小葉は小型の楕円形で先が円い。花序は短く、長さ3cmほど、托葉はほぼ全縁。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.8.20 岩手県葛巻町
ツルフジバカマの葉と托葉
托葉はやや大きく、歯牙が目立つ。複葉の先端に分枝する巻きひげがある。 2006.8.20 岩手県葛巻町

クサフジに戻る ヒロハクサフジに戻る ナヨクサフジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。