ツルカノコソウ

ツルカノコソウ(スイカズラ科)[蔓鹿の子草]

カノコソウに似ていて、つるを伸ばして殖えることからこの名がある。
山地や丘陵地の湿った日陰に群生する多年草。茎は太くて軟らかく中空、直立して高さ20-40cmになる。
神奈川県では、少し自然度が高い湿ったところにごく普通に見られる。カノコソウやオミナエシに近いものだと説明しても、どちらも見たことがないという人も多く、花期.も違うのでピンと来ないようだ。
花が盛りを過ぎるころ、細い走出枝を四方に伸ばし、先に新苗をつくって殖える。新苗が活着すると走出枝自体は枯れる。
葉は対生し、波状の鋸歯がある羽状複葉で3-7小葉からなる。走出枝につく葉は分裂しない。
茎頂に集散花序をつけ、直径2-3mmの白い小花を密につける。花冠はときにわずかに赤みを帯び、漏斗形で先が5裂する。
果実は長さ2-2.5mmの狭卵形の痩果で、タンポポに似た白色の冠毛があり、風に乗って運ばれる。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市
ツルカノコソウ-2
花はわずかに赤みを帯びる。2017.4.3 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。