ツルマンネングサ

ツルマンネングサ(ベンケイソウ科)[蔓万年草]

古い時代に朝鮮・中国から渡来したといわれる多年草で、都市近郊の石垣や河原などに生える。全体が無毛で多肉質。花をつける茎は斜上し、花をつけない茎は地をはう。葉は常緑で3個が輪生する。花は黄色の5弁花で、普通は結実しない。
花期:5-7月
分布:帰化植物
撮影:2001.6.22 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。