ツルネコノメソウ

ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)[蔓猫の目草]

山地の沢沿いの水湿地に生える多年草で、高さ5-15cm、茎葉は互生し、円形で直径1cmに満たない。花も小さく直径3-6mm。花後に長い走出枝(つる)を伸ばすのが特徴で、その先で根付き、独立する。ネコノメソウの仲間でも特に水を好むようで、水中にも生えている。
花期:4-5月
分布:北・本(近畿以北)・四(剣山)
撮影:2006.4.15 岩手県久慈市

ネコノメソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。