ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)[蔓日日草]

名は、ニチニチソウの仲間(キョウチクトウ科)で茎がつる状に伸びることからついたもの。ニチニチソウは直立するツルニチニチソウとは別属の1年草で名は毎日毎日新しい花が見られることを表したもの。ツルギキョウとよばれることがあるが、本家のツルギキョウは絶滅危惧種である野生種であり、混乱を招くのでこの名は使わないほうがいい。
南ヨーロッパ~北アフリカ原産で明治時代に観賞用、グランドカバー用として移入され、海岸や荒れ地などに野生化している多年生の帰化植物。
茎は細く、ほぼ枝分かれせずに地面をはい長さ2mほどになり、斜面では垂れ下がる。花をつけない茎は長く匍匐し、分枝せず節からの発根もしない。花をつける茎はやや立ち上がる。茎を切ると白い乳液が出る。
葉は短い柄があって対生し、革質で光沢があり、長さ3-5cmの卵状楕円形で全縁、基部は切形~広いくさび形で先はとがる。裏面と縁に毛がある。温暖な地域では葉が枯れず越冬するが寒冷地では冬季には葉を枯らして越冬する。
対生する葉の両側の葉腋のうち片方1個ずつ交互に、直径3-5cmの淡青紫色の花をつける。花筒は長さ1.2-1.5cmの細い筒状で内面に毛があり、上部は5深裂し裂片はややらせん状にねじれて平開する。雄しべは5個で葯は黄色、雌しべは1個で長い毛が密生する。柱頭は円盤状。萼片は長さ0.8-1cmの線状披針形で縁に毛がある。
果実は長さ3-5cmの袋果。
葉縁に黄色い斑が入るものをフクリンツルニチニチソウ、花がやや小さく、茎がしばしば分枝して節から発根し、葉はほぼ無柄で長楕円形、萼片の縁に毛のないものをヒメツルニチニチソウという。
花期:3-5月
分布:帰化植物
撮影:2015.4.16 横浜市中区
ツルニチニチソウ-2
2008.5.17 青森市

ツルニチニチソウの萼片
萼片の縁に毛がある。ヒメツルニチニチソウの萼片は無毛。
2017.3.31 横浜市中区

ヒメツルニチニチソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。