ツルオオバマサキ

ツルオオバマサキ(ニシキギ科)[蔓大葉柾]

庭の垣根として植栽されるマサキの海岸性の変種とされる。
海岸に近い林縁に生える常緑の半つる性の木本。根元で分枝して地をはい、立ち上がって他の木や草にもたれて伸びる。枝は緑色で滑らか。地に接した節から気根を伸ばす。
葉は対生し厚い革質で光沢があり両面無毛、長さ6~8cmの卵円形~楕円形。縁に低い鋸歯があり、基部は広いくさび形で先はとがる。
葉腋から集散花序を出し、やや密集して直径5~7mmの淡緑色の花をつける。花弁は4個で平開し、長さ2-3mmの広卵形。雄しべは4個で花盤の縁につき外側に向かって突き出る。萼片も4個。
果実は直径7-8mmの球形の蒴果で、晩秋に熟して裂開し朱赤色の仮種皮に包まれた種子が現れる。
花期:6-7月
分布:本(関東南部・東海地方)、九
撮影:2016.6.30 神奈川県横須賀市
ツルオオバマサキ-2
植栽されるマサキより葉が大きい。
2016.6.10 神奈川県横須賀市

ツルオオバマサキの花
雄しべは4個。花盤の縁につく。
 2016.6.10 神奈川県横須賀市

ツルオオバマサキの葉
ときに円形の葉もつける。 2016.6.10 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。