チョウジソウ

チョウジソウ(キョウチクトウ科)[丁子草・丁字草]

名は、花の形がフトモモ科のチョウジ(丁子)に似ていることからとも、花を横から見ると丁字形に見えるからともいわれる。
川岸や湖岸沿いなどの湿った草地に生え、高さ40-70cmになる多年草。葉は互生し披針形で先はとがる。茎頂の総状花序に淡青紫色の花を多数咲かせる。花冠は長い花筒があり、上部は5裂して平開する。雄しべは花冠の内側についている。河川敷の整備などによる低湿地の減少や山草愛好家と称する泥棒の盗掘により、チョウジソウも急速に数を減らし、準絶滅危惧(NT)に指定されている。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.6.3 秋田市

チョウジコメツツジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。