チョウジタデ

チョウジタデ(アカバナ科)[丁子蓼]

名は、草姿や葉がタデに似て花がチョウジに似ていることから。根がゴボウ状なので別名タゴボウという。
稲作の伝播時に日本に入ってきたと考えられている。水田や湿地に生え、直立してよく分枝し高さ30-70cmになる1年草。茎は通常赤味を帯び、稜がある。水中に生えるものは通常の根のほかに、酸欠を防ぐ目的で白い呼吸根を出す。
葉は0.5-1cmの柄があって互生し、長さ3-10cm、幅0.6-2.5cmの披針形~長楕円状披針形で全縁、側脈が目立ち、秋に紅葉する。
上部の葉の葉腋に無柄で直径6-8mmの黄色い花をつける。基部に2個の小苞がある。萼裂片は長さ2-3mmの卵状披針形で4個。花弁は黄色で萼片より短く、ふつう萼裂片とともに4個だが写真のものように5個のものも多く混じる。雄しべは萼片と同数。花盤はほぼ無毛。子房は花柄状で花柱は1個。
果実は4稜がある長さ1.5-3cmの線状円柱形の胞間裂開する蒴果。紫色を帯び、先端に萼片が残る。種子は長さ約0.9mmの菱形。
ウスゲチョウジタデは、関東以西に稀産し、全草が緑色で若い茎や葉に細毛があり、萼片がチョウジタデより少し長い。ヒレタゴボウも似ているが、花は直径2.5cmと大きい。
花期:8-10月
分布:日本全土
撮影:2006.8.20 秋田県大仙市

これも5弁。萼片は果期にも残る。 2018.9.11 横浜市栄区

チョウジタデ-3
2018.9.11 横浜市栄区

チョウジコメツツジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。