ウキヤガラ

ウキヤガラ(カヤツリグサ科)[浮矢幹]

名は、冬に枯れた茎が水に浮く姿を矢幹にたとえたもの。別名ヤガラという。
平地の池や川などの岸辺の浅い水中に群生する多年草。直径3-4cmの根茎から地下茎を長く伸ばして横走する。茎は太くて硬く、3稜があり高さ0.7-1.5mになる。
数節があり、茎の中部から下に幅0.5-1cmの線形の葉を1-3個つけ、基部は球状に肥厚する。
茎の先に散房状の花序をつけ、5-6cmまで伸びる3-8個の花序枝をつけ、基部に2-4個の花序よりはるかに長い苞葉を広げる。小穂は花序枝の先に1-4個つき、長さ1-2cm、幅6-8mmの狭卵形。小穂の鱗片はらせん状に並び、長さ6-7mmの卵形で膜質。花柱は3岐、雄しべは3個。
果実は長さ3.5-4mmの倒卵形、正3稜形で基部はくさび形。初め白色で熟すと黒褐色になり、光沢がある。刺針状花被片は6個、果実とほぼ同長で下向きにざらつき、宿存する。
漢方では根茎を荊三稜(けいさんりょう)とよび、催乳、通経に用いる。
果期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2003.6.22 青森県木造町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。