ウラシマソウ

ウラシマソウ(サトイモ科)[浦島草]

名は、付属体の先が糸状に伸びたさまを浦島太郎の釣糸に見立てたもの。
平地~低山の湿った林縁や林下などにやや普通に生え、高さ20-60cmになる雌雄異株の多年草。球茎は扁球形で周りに多数の子球をつけて栄養繁殖する。偽茎は葉柄より短い。
葉は普通1個、ときに2個で鳥足状に11-17個のやや光沢のある小葉をつける。小葉は深緑色、長さ10-25cm、幅2-4cmの狭倒卵形~長楕円形で中央の小葉がもっとも大きく、全縁で大きく波打ち、先がとがる。葉柄は茎状で太い円柱形、長さは40-50cm。
葉柄の基部から葉より下の位置に花茎を伸ばす。仏炎苞は長さ10-18cm、濃紫色で白条があり、筒部は白色を帯びて淡紫褐色。口辺部はやや開出する。舷部は3角状の卵形~広卵形で長鋭尖頭。肉穂花序の上端の付属体は下部で膨らみ、しだいに細くなって先は長く40-60cmの糸状になり、全体に平滑で暗紫色、下部は紫褐色。雄花は花序にまばらにつき、花粉を出す。雌花は花序に密につき、子房と柱頭が露出している。
多くは雄株なので、晩秋に果実をつけるものは思いのほか少ない。果実はトウモロコシ状の果序につき、卵球形の液果で熟すと朱赤色になり、少数の種子がある。種子はほぼ球形で乳褐色。
近畿以西・四国・九州に生えるナンゴクウラシマソウは、付属体下部の太い部分が淡黄白色で多数の小じわがあり、ときに角状の突起がつくもの。
この仲間(テンナンショウ属)は地下に球茎があり、それが十分に育つまでは雄株として花粉をつくって育ち、実をつける体力がつくと雌株に性転換する不思議な植物。実を結び体力を消耗した雌株には、翌年また雄株に戻るものがあるらしい。有毒植物であるが、昔は飢饉のときに毒をさらして食用にしたといい、薬用としても利用されてきた。
花期:3-6月
分布:北(南部)・本・四・九(佐賀県)
撮影:2008.4.30 東京都八王子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。