ウリクサ

ウリクサ(アゼナ科)[瓜草]

名は、果実の形がマクワウリに似ていることによる。アゼナ属は旧分類体系ではゴマノハグサ科であったが、APGⅡではオオバコ科に、APGⅢでは独立したアゼナ科(アゼトウガラシ科)とされた。
庭や畑、道端に生える1年草で、やや湿り気があったほうが勢いがよい。分布を日本全土としている図鑑が多いが、東北地方北部(秋田県にはある)、おそらく北海道でも見られない。
茎は4稜があり、基部で盛んに枝を分けて地をはって広がり、長さ10-20cmになる。
葉は柄があって対生し、長さ1-2cm、幅0.6-1.3cmの卵形~広卵形で縁に粗い鋸歯があり、先は鈍形、基部は円形~くさび形。両面とも無毛で、日当たりのよいところではしばしば茎とともに紫色を帯びる。
上部の葉腋から長さ1-2cmの細い花柄を伸ばし、淡紫色で長さ約0.7-1cmの花を1個つける。萼は長さ4-5mmの筒形で縦に走る5本の高い稜があり、先は浅く5裂して裂片は鋭頭。花冠は萼の2倍長で先は唇形。上唇は卵形で2浅裂、下唇は3深裂する。雄しべは4個で全て完全、下側の花糸の基部に棒状の突起がある。子房は無毛、花柱は上下に扁平な2片に分かれ、内面に柱頭がある。
果実は長さ4-5mmの楕円形の蒴果でほぼ同長の萼に包まれ、胞間裂開する。種子は小さく、表面に網目模様があり小さな穴が多い。
花期:8-10月
分布:本(宮城・秋田県以南)・四・九・沖
撮影:2016.9.6 神奈川県横須賀市
ウリクサの花
花冠は2唇形で下唇中央裂片の基部に青い帯状の模様がある。 2016.9.6 神奈川県横須賀市

ウリクサの萼
萼に5本の稜が走る。 2016.10.14 静岡市清水区

アゼナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。