ウスベニツメクサ

ウスベニツメクサ(ナデシコ科)[薄紅爪草]

北半球の温帯地方原産の1年草または多年草で、茎は基部で分枝して斜上し、高さ5-15cmになる。空き地や海岸に帰化している。
茎の上部と花柄や萼片外面に腺毛が多い。托葉は長さ3-4mmの狭長3角形で膜質、白色で先は2-3裂し、裂片は尾状に伸び、基部は低く合着するが、葉や枝が展開すると基部まで裂ける。葉は対生し、やや多肉で長さ0.6-1.2cm、幅0.3-0.8mmの線形で半円柱状、先は長さ0.3-0.8mmの針となる。葉腋から短い無花枝を生じ、葉が伸びると仮輪生となる。
花は直径4mmほどで葉腋に単生する。花柄は長さ3-5mm、萼片の外面とともに腺毛を密生し、果時に下を向く。萼片は長さ3.5-4.5mm、幅1.2-1.5mmの狭卵形で舟形、3脈があり、縁は透明な乾膜質。花弁は淡紅紫色で広卵形、基部は純白にならない。雄しべは5-10個。
果実は萼片と同長~少し長い蒴果。種子は濃褐色、長さ0.5mmの倒卵形でやや扁平、縁に線状の突起、側面に隆起した縞模様がある。
ウシオハナツメクサや在来のウシオツメクサとよく似ており注意が必要。
花期:6-8月
分布:帰化植物
撮影:2006.7.9 秋田県男鹿市

ウシオハナツメクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。