ウスジロカントウタンポポ

ウスジロカントウタンポポ(キク科)[薄白関東蒲公英]

カントウタンポポの中にまれに生える多年草で、頭花が淡黄白色のものをいう。
頭花は直径4-5cm、総苞は緑色で外片は内片の1/2~1/3。外片の先に角状突起がある。葉の切れ込みは多様でカントウタンポポと変わらない。
2倍体のタンポポなので受粉して結実するはずだが、カントウタンポポと交配できるかは不明。
なお、「ウスジロタンポポ」といわれるものは、シナノタンポポの頭花が淡黄白色のものにつけられたもの。YListにはウスジロカントウタンポポの記載はない。
花期:2-5月
分布:本(関東、静岡・山梨県)
撮影:2016.4.12 横浜市緑区
ウスジロカントウタンポポ-2

カントウタンポポに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。