ウチワドコロ

ウチワドコロ(ヤマノイモ科)[団扇野老]

名は、浅くなだらかに切れ込む葉を、似てはいないが天狗のうちわに見立てたものだろう。別名コウモリドコロという。
山地に生えるつる性の多年草。根茎は多肉の円柱形で横にはう。茎に短毛がある。
葉は互生し、広卵形で裏面脈状に短毛がある。質は薄くて硬く、下部のものは長さ7-16cm、幅5-12cmで掌状に浅裂し、基部は心形で先はとがる。裏面脈上に短毛がある。葉柄は長く、長さ3-10cm、基部に小突起はない。
雄花序は斜上し、雄花はごく短い柄があり花被片は黄緑色で平開しない。雄しべは6個で全て完全。雌花序は下垂する。子房は3室で各室に2個の胚珠がある。
果実は長さ1.6-2cm、幅1.3-1.5cmの広倒卵形の蒴果で3翼がある。種子は長さ4mmほどの楕円形で片側に翼がある。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2004.8.1 岩手県葛巻町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。