ウツギ

ウツギ(アジサイ科)[空木]

名は幹が中空であることからついた。旧暦4月の卯月に咲くことからついた別名のウノハナの名で親しまれ、生け垣としてよく植えられる。
日当たりのよい山野の林縁や河原などに生える落葉低木で、幹は下部からよく分枝して株立状になり高さ1-3mになる。枝はしだれるように長く伸びる。樹皮は灰褐色で縦にはがれる。枝は暗褐色で若枝は赤褐色。若枝、葉、葉柄、花序、花弁の外側、萼に星状毛が生える。
葉は質が厚くきれいに対生し、羽状複葉に見えることがある。長さ4-9cm、幅2.5-3.5cmの楕円形~卵状披針形で縁に細かい鋸歯がある。基部は円形~くさび形で先は長くとがる。表面に4-6個の枝のある星状毛があってざらつき、裏面は10-13個の枝のある星状毛が密生する。葉柄は長さ2-5mmで密に星状毛が生える。
枝先に円錐花序を出し、直径1-1.5cmで白色の花を多数下向きにつける。花弁はで長さ1-1.2cmの長楕円形で5個あり、外側に星状毛を散生する。雄しべは10個で花弁よりやや短く、花糸の両側には翼があり上部は広がって先は2歯が突き出る。花柱は3-4個で花弁とほぼ同長。萼筒は長さ2.5mmの短い鐘形で10-14個の枝のある星状毛が生える。萼片は卵状3角形で5個。花柄は長さ2-4mm。
果実は灰黒色で直径4-6mmの椀形の蒴果で、先端はややくぼみ花柱が残存する。熟すと3-4裂して種子を多数出す。種子は長さ2.5mmの長楕円形で褐色、片方に膜質の翼がある。
八重咲きの品種も見られ、シロバナヤエウツギという。
紛らわしいことに、シロバナウツギとよばれているものは、ウツギとは遠縁のタニウツギ(スイカズラ科)の白花品種のことを指す。ウツギの名を持つ植物は、アジサイ科とスイカズラ科のほか、バラ科、ゴマノハグサ科、ドクウツギ科、ミツバウツギ科、アオイ科にもある。
花期:5-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2008.7.12 福島県北塩原村
ウツギの果実
ウツギの果実。 2016.11.16 横浜市戸塚区

ミツバウツギに戻る ドクウツギに戻る バイカウツギに戻る

シロバナヤエウツギに戻る シロバナウツギに戻る ヒメウツギに戻る

マルバウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。