ウワバミソウ

ウワバミソウ(イラクサ科)[蟒蛇草]

名はウワバミ(大蛇)の出そうなところに生えていることによる。なお、標準和名でミズというのは同じイラクサ科の別種の植物。
山地の常に湿ったところに群生する雌雄異株の多年草で、斜めに立ち高さ25-50cmになる。茎は多汁で無毛。秋になると茎の節ごとに膨らんでむかごとなり、それが倒れて無性生殖する。
関東の山を歩いて気がついたのは、ウワバミソウが東北産のものと比べて著しく細くて小さいこと。太く立派なウワバミソウしか知らなかったが、初め別種かと思ったほどで、とても山菜として食べようという気にはなれなかった。
葉は2列に並んで互生し、長さ5-12cm、幅2-4cmの長楕円形~狭卵形で左右不同、縁に7-8対の粗い鋸歯があり、先は長く尾状に伸びてとがる。両面に短毛がまばらにある。柄はないかあってもごく短い。
花は黄緑白色で葉腋につき、雌花序は柄がなく、雄花序は1-3cmの柄の先につき、10個ほどの花を頭状に固めてつける。雄花は通常、花被片は4-5個で雄しべも同数。写真は雄株。雌花は花被片3-5個、雌しべ1個で花被の背面に短毛が多い。
果実は長さ約1mmの卵形の痩果。
葉は使わないが茎はみずみずしく、第一級の山菜としてさまざまな料理に利用される。東北地方ではミズまたはミズナなどとよばれ、1か所見つけると大量の収穫が期待できる。あくもなく歯触りもよい。根茎はたたいてトロロに、茎やむかごは油炒めや漬物等に利用する。
よく似たヤマトキホコリは、雌雄同株でむかごもできず、葉の先は長くとがらない。
関東以西から九州に生えるヒメウワバミソウは丈が低く葉が細長く先が長い尾状にならない。鋸歯も少なく、5対以内。
花期:4-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2016.5.16 神奈川県逗子市
ウワバミソウの雄花
雄花の花序には長い柄がある。花被片と雄しべは同数でふつう4-5個。
2017.5.1 神奈川県逗子市


花被片と雄しべが7個あるものも。 2017.4.28 横浜市栄区

アオミズに戻る ミズに戻る ヤマトキホコリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。