ワサビ

ワサビ(アブラナ科)[山葵]

山間の渓流のほとりに生え、全草が香辛料、食用として栽培もされる多年草で、高さ30-40cmになる。根茎は円柱状で栽培品は太くなるが、野生のものはほとんど太くならない。根生葉は光沢があり、直径6-12cmの円心形で基部は心形、縁に波状の鋸歯がある。茎は直立し、先端または上部の葉腋から総状花序を出し、白色で直径1cmほどの十字状花を密につける。よく似たユリワサビは湿った礫地などに生え、根生葉は直径5cm程度で光沢が弱く、花茎は伏してから立ち上がる。
花期:3-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2009.5.10 秋田県湯沢市

ユリワサビに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。