ヤブヘビイチゴ

ヤブヘビイチゴ(バラ科)[藪蛇苺]

名は、ヘビイチゴに似ていてやぶなどの日陰に生えることからついたもの。
名のとおり、やぶや林縁などに多い多年草で、茎は地をはい、匐枝を出して広がる。ヘビイチゴより全体に大きい。
葉は長い柄があり、濃緑色で3出複葉で互生する。小葉は長さ3-6cmの菱状楕円形~倒卵形で、ときに側小葉がさらに2浅裂し、5小葉に見えるものがある。
花は直径1.5-2.5cmの黄色の5弁花。萼片は3角状で5個あり、葉状の副萼片5個が下に重なって上から見るとよく目立つ。発達した副萼片はあたかもエリマキトカゲの襟巻きのようにも見える。
花後に花床が肥大して直径1.5-2.5cmの赤くてつやがある丸い偽果(イチゴ状果)ができる。果床は赤色でつやがある。果実(苺果の表面の粒々の部分)は濃赤色の痩果で、しわがなく光沢がある。
偽果は無毒だが、海綿質で水気も甘みもなく、食べてもまずい。
姿がそっくりなヘビイチゴは、花が直径1.5cmほどとやや小型で、果実も直径1cmほどと小さく、偽果や果実に光沢がない。また、小葉が円く、黄色い花の背後にある副萼片が目立たない(上からはよく見えない)のがよい特徴となる。
なお、分布域を関東以西としている文献も見受けられるが、青森県までごく普通に生えている。
花期:3-6月
分布:本・四・九
撮影:2016.3.31 横浜市戸塚区
ヤブヘビイチゴの果実
ヤブヘビイチゴの偽果。果床も痩果もつやがあり、赤い。
2008.6.28 青森県八戸市

ヘビイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。