ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ(ススキノキ科)[藪萱草]

名はやぶに生える萱草の意。萱草とは中国原産で、日本では薬用に栽培されているホンカンゾウのこと。萱草は中国では別名「忘憂草」といい、日本ではこの仲間をワスレグサといって親しんだ。本種は中国でも自生しており、古い時代に中国から入り、食用や薬用とされていたものが広がったものと見られている。別名オニカンゾウという。
道端や田のあぜなどの人里に近いところに多い多年草で、林縁などにも生え、花茎は高さ0.5-1mになる。根茎はところどころが紡錘形に肥厚し、分根して栄養繁殖で殖える。
葉はやや白っぽく見える緑色で全て根生し、袴状に2列に並んで出る。長さ0.4-1m、幅は2.5-5cmの広線形で軟らかく、途中から折れて下に垂れる。葉は越冬せずに枯れる。
葉の間から花茎を伸ばして集散花序をつける。苞は長さ0.4-1cmの卵状3角形で膜質。花は橙黄色~橙赤色で直径が8-12cmの八重咲き。雌しべと雄しべの全部または一部が弁化する。弁化の程度はさまざま。花被片は長さ約7cm。弁化していない雄しべの花粉は不稔。花筒は長さ2cm程度。花は朝開花して夕方しぼむ一日花。
染色体は3倍体なので果実は実らず、もっぱら根茎で殖える。
八戸市周辺ではワスレグサ属の新芽を「かんしょ」とよんでおり、山菜として産直にも並びほど人気が高く、酢味噌和えなどにして食べる。開花寸前の蕾を金針菜(きんしんさい)といい、蒸して乾燥させたものを料理や薬用に用いる。この仲間は蕾や花柄にアブラムシがたかるのが欠点だが、きれいなものを選んで採取する。肥厚した根も萱草根(かんぞうこん)といって薬用にする。
ノカンゾウは葉の幅が狭く、花は一重。花筒は2.5-3.5cmと長い。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2002.6.24 埼玉県東松山市
ヤブカンゾウ-2
弁化していない雄しべもあるが、花粉は不完全。 2006.7.23 青森県八戸市

ノカンゾウに戻る ハマカンゾウに戻る ゼンテイカに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。