ヤブコウジ

ヤブコウジ(サクラソウ科)[藪柑子]

名は、やぶの中に生え、葉の形や果実がコウジ(蜜柑類)に似ていることからついたもの。別名ヤマタチバナという。
APGⅡまではヤブコウジ科として独立していたが、最新のAPGⅢではサクラソウ科にまとめられた。
正月飾りにマンリョウとともに利用され、センリョウ(千両)やマンリョウ(万両)に対してジュウリョウ(十両)の名でよばれる。では百両は何かというと、カラタチバナがその名でよばれている。カラタチバナの葉変わり品は江戸時代に数百両で取引きされ、ヒャクリョウの名はそこから来ているという。
ヤブコウジも多数の園芸品が作られ、江戸時代や明治時代中期と大正時代初期に投機的な流行があった。庭園の下草として植えられる。
分布はやや南に偏っているが、この仲間ではもっとも広範囲に広がる。照葉樹林帯に多い。
山地の林下や林縁に生える常緑の小低木で、長い地下茎を引いて繁殖する。茎(幹)は分枝せず直立し、高さ10-30cmになる。茎や葉柄、花柄には垢状の微小な毛が密生する。
葉はほぼ無毛、厚くて硬くやや光沢があり、茎の上部に1-2層に3-5個が輪生状に互生する。長さ3-12cm、幅2-5cmの長楕円形で先はとがり基部はくさび形。縁に細かい鋸歯がある。葉柄は長さ0.5-1.5cm。
前年枝の葉腋から散形状の花序を出し、直径5-8mmの花冠の先が5裂した花を下向きに2-5個つける。花冠は白色~淡紅色を帯び、裂片は広卵形で小さな暗紫色の斑点が多数入る。雄しべは5個あり、葯は狭卵形で暗紫色の斑点があり先がとがる。雌しべは1個で葯の間から長く突き出る。
果実は液果状の核果。直径0.5-1cmの球形で、秋~冬に赤く熟し、食べられなければ翌年の開花期まで残る。
薬用となり、茎や葉を煎じて利尿、鎮咳に用いる。
ホソバヤブコウジは、葉が狭楕円形。千葉県以西に生えるツルコウジは走出枝に葉がつかないこと、葉や茎に長軟毛が生えることなどで見分ける。
花期:7-8月
分布:日本全土
撮影:2016.7.1 神奈川県逗子市
ヤブコウジの花
ヤブコウジの花 2016.7.1 神奈川県逗子市

ヤブコウジの果実
ヤブコウジの果実(核果) 2016.11.17 神奈川県逗子市

マンリョウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。