ヤブタビラコ

ヤブタビラコ(キク科)[藪田平子]

名は、コオニタビラコ(タビラコ)に似て、日陰のやぶに生えることからついたもの。
人里の日陰の道端や林縁に生え、茎は細く、斜上または倒れて伸び、高さ20-30cmになる軟らかい2年草。全体に軟毛が多いが、無毛のものもある。
根生葉はやや立ち上がり、長さ5-15cm、幅1.5-3cmで羽状深裂し、頂裂片が特に大きくて目立つ。茎葉は小さく、互生する。
上部で分枝して先端のまばらな円錐花序に黄色の頭花をつける。頭花は直径7-8mmで20個ほどの舌状花だけからなる。総苞は円筒形、内片は7-8個、外片は鱗片状。花後に頭花は下向きになり、総苞が膨れて卵球形になる。
果実は長さ2.5mmの痩果で、冠毛がなく先端に角状の突起がない。
写真を撮りにくい植物で、普通花茎が倒れているので全体を撮ろうとすると花が画面の端に来る。
コオニタビラコはよく似ているが、根生葉は地に伏し、頭花は直径1cmほどとやや大きく、舌状花は6-11個と少ない。痩果に角状の突起がある。
オニタビラコは、日当りのよい道端に生え、花茎が直立する。
花期:4-7月
分布:北・本・四・九
撮影:2015.4.22 横浜市中区
ヤブタビラコ-2

コオニタビラコに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。