ヤブツバキ

ヤブツバキ(ツバキ科)[藪椿]

ヤマツバキ、あるいは単にツバキともいう。
主として海岸近くに生え、高さ10-15mになる常緑高木。花は直径7cmほどで、11月-4月に咲く。実から油を搾ったり、観賞用に栽培されることが多い。ユキツバキとは、多数の雄しべの花糸が白色で根元から中ほどまで筒状に合着していること、花弁が平開しないことなどで区別する。またユキツバキは東北~北陸地方の日本海側に生え、枝はよくしなり折れにくく、高さも1-2m。
花期:11-4月
分布:本・四・九・沖
撮影:2006.4.30 秋田県にかほ市
ヤブツバキ-2
2003.4.12 青森県平内町

ユキツバキに戻る オオシマザクラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。