ヤクシソウ

ヤクシソウ(キク科)[薬師草]

「薬師草」といえば、かつて馬の病気の治療に用いられ、薬効あらたかなフナバラソウのことを指していたが、いつのころからか本種の和名とされるようになった。ただ、薬師草の名をいただくほどの薬効がないことから、名の由来について諸説が語られることとなった。根生葉が薬師如来の光背に似ているから、薬師堂のそばで見つかったから、朝鮮での古いよび名に由来する、苦いので薬効があると思われていた、など多くの説があるが定説はない。
山野の日当たりのよい乾燥した道端の法面や崩壊地などに生える2年草。裸地化した林道沿いなどにいち早く生える先駆植物で、土壌が安定すると絶える。
茎は細くしばしば木質化して赤紫色を帯びて直立、よく枝を分け高さ0.3-1.2mになる。全体無毛。茎は切ると白い乳液を出す。
根生葉はさじ形で長い柄があって多数まとまってつくが、開花時には枯れてない。茎葉は互生し、長さ5-10cm、幅2-5cmの長楕円形~倒卵形で縁に低い歯牙があり、下部の葉は有柄で上部のものは無柄。基部は円い耳状に後方に張り出して茎を抱く。質は薄くて軟らかく、裏面は粉白を帯びる。
頭花は枝先や上部の葉腋の散房花序に多数つき、直径1.5cmほどで上向きに咲く。頭花は10-13個の舌状花のみからなり、日が差さないと花を開かず、咲き終わると下を向く。総苞は暗緑色で長さ7-9mmの円柱形で花後に基部は膨れて硬くなる。外片は1列で短く、内片も1列。
果実は黒褐色、長さ2.5-3.5mmのやや扁平な長楕円形の痩果で先が短く嘴状になる。冠毛は純白色で剛毛状。
若菜は食用となり、湯でさらして食べる。家畜の飼料にもなる。
葉が羽状深裂する品種をハナヤクシソウという。
近縁のクサノオウバノギクは本州(栃木・奈良・三重県)、四国に生え、頭花は少なく葉は羽状全裂する。ナガバノヤクシソウは岡山県の石灰岩地に特産する多年草で、頭花は少なく茎葉は全縁で茎を抱かない。
花期:8-12月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.9.26 岩手県種市町
ヤクシソウの花
頭花は10-13個の舌状花からなる。 2006.10.22 青森県南部町

ワダンに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。