ヤマアジサイ

ヤマアジサイ(アジサイ科)[山紫陽花]

名は山野に生えるのでついたもので、沢沿いに多いので別名サワアジサイという。「アジサイ」の由来については諸説多数あり、一説には「集真藍(あづさい)」の意で青い花の集合を表したものという。
山地の湿った谷沿いの林内などに生える落葉低木で、下からよく分枝して株立ちになり高さ1-2mになる。
樹皮は灰褐色で薄く短冊状に縦にはがれる。若枝は淡緑色で黒紫褐色の斑があり短い伏毛が密生する。
葉は対生し、長さ10-15cm、幅5-10cmの長楕円形~卵状楕円形で質は薄く、光沢は弱く、基部はくさび形~円形で先は尾状に長く伸びてとがる。縁に粗い3角状~波状の鋸歯がある。表面は短毛が散生し、裏面は脈上に長い毛がある。葉柄は長さ1-3cm。
新枝の先に直径7-18cmの集散花序をつくり、多数の両性花とその周りに長い柄のある直径1.5-3cmの装飾花をつける。装飾花は長さ1.2-2cmの花柄の先に花弁状の萼片が3-5個(通常4個)あり、花の盛りが過ぎると淡紅色になって裏返る。萼片は普通は楕円形~円形だが色や形は変化が多い。
両性花の花柄は長さ2.5mm、花筒の長さは約1.5mm、萼裂片は高さ0.5mmの3角形で5個、花弁も5個、長さ3mmの楕円形で平開する。雄しべは10個あり長いもので3mm、葯は1mm。花柱は3個まれに4個あって開出し、萼筒から1/4ほど出る。
両性花は10-11月に結実し、果実は長さ3-4mm、幅2mmの卵形~楕円形の蒴果。両端に突起状の翼がある。種子は褐色、長さ0.6mmの楕円形で両端がとがる。
花序の装飾花の多いものをマイコアジサイという。
よく似たエゾアジサイは、日本海側に多く分布し、葉がより大きく広楕円形。装飾花は目の覚めるような青紫色のものが多く、ヤマアジサイより人目を引く美しさがある。
ガクアジサイは、全体に大きく、葉は卵状楕円形で質が厚く、強い光沢がある。
花期:6-7月
分布:本(福島県以南の主に太平洋側)・四・九
撮影:2014.7.28 滋賀県米原市
ヤマアジサイ-2
装飾花も両性花も白色のタイプ。 2017.6.19 神奈川県鎌倉市

ヤマアジサイ-3
装飾花も両性花も淡紅色のタイプ。 2014.7.28 滋賀県米原市

ヤマアジサイ-4
雄しべは長く突き出る。 2018.5.31 川崎市多摩区

ヤマアジサイ-5
2017.6.19 神奈川県鎌倉市

エゾアジサイに戻る ガクアジサイに戻る ガクウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。