ヤマブキ

ヤマブキ(バラ科)[山吹]

山地の谷川沿いなど湿気の多いところに生える落葉低木で、高さは2mほどになる。名はしなやかな枝が風に揺れる様から「山振り」とよばれ、それが転訛したものといわれている。花は直径3-5cmの5弁花で枝に並んで咲く。その鮮やかさが愛され、よく庭に植えられる。江戸時代には多くの園芸品種があったが、現在は八重咲きのヤエヤマブキのほか、花が白っぽいシロバナヤマブキ、菊咲きのキクザキヤマブキ、葉に白斑が入るフイリヤマブキなどが残っている。ヤマブキに似て自生の白花のものは、花弁が4個のシロヤマブキで別種。
花期:4-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市

ヤマブキショウマに戻る ヤマブキソウに戻る タマガワホトトギスに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。