ヤマブキソウ

ヤマブキソウ(ケシ科)[山吹草]

名は花が木本のヤマブキに似ていることによる。
山野のやや湿った林下にしばしば群生し、高さ30-50cmになる多年草。
根生葉は長い柄があり、羽状複葉で5-7小葉からなる。茎葉は柄が短く3-5小葉。
上部の葉腋から花柄を出して直径4-5cmの花を1-2個つける。ヤマブキの花弁は5個だが、本種の花弁は4個。まれに多弁のものも見つかる。下は5弁と7弁のもの。
花期:4-6月
分布:本・四・九
撮影:2004.5.7 栃木県足利市
ヤマブキソウ-2

クサノオウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。