ヤマブキソウ

ヤマブキソウ(ケシ科)[山吹草]

名は花がバラ科木本のヤマブキに似ていることによる。別名クサヤマブキという。
低地のやや湿った林下にしばしば群生し、高さ30-40cmになる軟らかい多年草。全草有毒でアルカロイドを含み、誤食すると嘔吐やしびれ、呼吸麻痺を起こす。茎を切ると橙黄色の汁が出る。地下に根茎があり、夏には地上部は枯れてなくなる。
葉は互生して根生葉は長い柄があり、奇数羽状複葉で5-7小葉からなる。小葉は短い小葉柄があり、長さ1.5-5cm、幅1.2-3cmの菱状卵形~楕円形で先はとがり、不規則な鋸歯と切れ込みがある。茎葉は茎の上部に少数つき、柄が短く普通は3小葉。
上部の葉腋から長さ4-6cmの花柄を出して直径4-5cmの黄色い花を1-2個つける。萼片は2個あり、長さ1.5-1.7cmの狭卵形で先はとがり、開花直前に落ちる。ヤマブキの花弁は5個だが、本種の花弁は4個。まれに多弁のものも見つかる。下は5弁と7弁のもの。花弁は黄色というよりレモンイエローで長さ2-2.5cm。雄しべは多数。花柱は短く、柱頭は2裂してその裂片は卵形でのちに直立する。
果実は長さ3-5cm、幅3mm弱の円柱形の蒴果で直立する。種子は小さく、光沢があり多数できる。種子はアリによって巣穴に運ばれ、エライオソームを食べた後、種子本体のみ外に捨てられる。
ヤマブキソウより小葉の幅が狭く、規則正しい鋸歯がある品種をホソバヤマブキソウという。上部の葉の小葉が深く羽状に裂け、裂片がさらに深く切れ込むものをセリバヤマブキソウといい、イチリンソウの葉によく似る。どちらも群落の中にヤマブキソウと混生している。
近い仲間のクサノオウは2年草で人家周辺の草地や荒れ地に普通に生える。小葉は不規則に大きく切れ込み、裂片の先はとがらない。
花期:4-6月
分布:本(宮城県以南)・四・九
撮影:2004.5.7 栃木県足利市
ヤマブキソウ-2
花弁は通常は4個だが、このように多弁のものも見られる。小葉の鋸歯は不規則。
2004.5.7 栃木県足利市


2013.5.12 仙台市太白区

クサノオウに戻る