ヤマフジ

ヤマフジ(マメ科)[山藤]

低山の林縁に生えるつる性の落葉木本で高木に巻きついて登る。樹皮は褐色。関東南部でも野生状態でよく見られるが、栽培品が逸出したものと思われる。
つるは右巻きに巻きつく。ここでいう「右巻き」とは、巻きつかれる木を正面から見て見えているつるが、向かって左下側から右上側に巻き上がっているものをいう。あるいは真上から見て、つるの先端が反時計回りに巻き上がっていくといっていもいいかもしれない。「左巻き」「右巻き」という表現は従来から混乱があり、視点をどこに置くかによってまったく反対の意味に取られてきた。この件について詳しく述べると泥沼にはまるので、ここでは詳述しない。
葉は互生し、長さ15-30cmの奇数羽状複葉。小葉は4-6対あり、長さ4-10cmの卵形~卵状長楕円形でやや厚く両面に細毛があり、基部はくさび形~円形で先はやや尾状にとがる。縁は全縁で大きな波状になる。托葉は早く落ちる。
枝先から長さ10-20cmと短くぼってりとした総状花序を下垂し、紫色で長さ2-3cmの大きな蝶形花を多数つけ、ほぼ一斉に開き、開花時に蕾のものはほとんどない。萼は広鐘形で萼片は5個。苞は長さ1.5cmほどの卵形で早く落ちる。
果実は長さ15-20cmの豆果で、硬く表面にビロード状の短毛が密生する。熟すと2裂してねじれ、種子を飛ばす。種子は黒紫色で直径約1.3cmの円形。
フジは花序が長く、長さ0.2-1mで個々の花は小さく直径1.5-2cm。花序の上から咲いていき、ヤマフジのように一斉に開くことはない。つるは左巻きに巻きつく。小葉は5-9対。
花が白い品種をシロバナヤマフジといい、園芸品種にムラサキカピタンやシロカピタンがある。
花期:4-6月
分布:本(中部地方以西)・四・九
撮影:2017.5.9 横浜市栄区
ヤマフジ-2
花序は太く短い。花はほぼ一斉に開花する。

フジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。