ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス(ユリ科)[山路の杜鵑草]

名は山道に生えるホトトギスの意味で、ホトトギスの名は花の模様が鳥のホトトギスの胸の斑紋に似ているからとされているが、ホトトギスの胸の模様は横縞なので似ているとは思えない。
山野の林内や林縁に生え、高さ30-60cmになる多年草。茎の高さがほんの10cmほどで花をつけているものもよく見かける。茎は分枝せず斜め下向きの毛が生える。
葉は互生し、長さ10-20cmの卵状長楕円形で先はとがり基部は茎を抱く。まばらに毛がある。
葉腋や茎の先に白地の花を1-2個つける。花柄に毛が多く、花被片は長さ2.5cmほど、6個で白色、紫色の斑点は少なく、基部近くに大きな紫色の斑紋がある。花被片は平開するか上側に向かって膨らむ。外花被片の下部は球状に膨らむ。雄しべは6個で花糸に斑点はなく葯は白色。花柱は3深裂してさらに2裂して平開する。
果実は蒴果で3室。種子は扁平な卵形。
ヤマホトトギスとよく似ているが、ヤマジノホトトギスは花被片が平開するか上側に向かって膨らむが、ヤマホトトギスは散房花序を出して花被片は下に向かってくぼみ、先端が上に向かって反り返る。
ホトトギスは花被片が斜開する。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.8.27 秋田県田沢湖町
ヤマジノホトトギス-2
ヤマジノホトトギスの花。斑紋は少ない。 2004.8.22 岩手県北上市

ヤマホトトギスに戻る ホトトギスに戻る シロホトトギスに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。