ヤマコウバシ

ヤマコウバシ(クスノキ科)[山香し]

名は、枝や葉を折ると強い香りがあることからついたもの。別名モチギヤマコショウという。山陽地方では葉を粉にして大麦や小米の炒り粉に混ぜて団子を作り、タンバ餅といって食べた。別名のモチギの由来であろう。ヤマコショウは果実に辛味があることから。
丘陵地~山地に生える落葉低木で、高さ2-6mになる。雌雄異株だが日本では雄株は知られておらず、雌株だけで結実する。新枝に初め曲がった短毛があり、2年枝の樹皮は淡褐色で皮目が入り、成木は茶褐色で縦に細い割れ目が入るものもある。
冬芽は紡錘形で葉腋に生じ、芽鱗は赤褐色。同一の冬芽に葉と花序が混在する。頂芽はない。
葉は互生し、質はやや厚くて硬く、表面は濃緑色、裏面は灰白色で初め絹毛を密生するが、のちに少なくなる。長さ5-10cm、幅2.5-4cmの長楕円形~楕円形、縁は全縁で波打ち、基部はくさび形、先は鈍くとがる。葉柄は長さ3-4mmと短い。冬でも落葉せずに枯れたまま翌年の萌芽時まで残るので、冬季のフィールドではよく目立つ。冬でも枯葉をつけているのはほかにカシワがあるが、葉形がまったく違うのですぐわかる。
葉の展開と同時に絹毛を密生した短い花柄を3-4個伸ばし、淡黄緑色で小さい目立たない花をつける。花被片は6個、長さ約1.5mmの広楕円形で、花後に脱落する。雌花は葯がない雄しべ(仮雄しべ)が9個あり、子房は長さ1.5mm、花柱は長さ1mmで柱頭は盤状で縁は反り返り、花被から突き出る。
長さ1-1.5cmの果柄の先に、直径5-8mmの球形の液果がつき、黒熟する。口に入れると辛みがある。種子はほほ球形で2本の隆起線がある。
クロモジアブラチャンと葉が似ているが、ヤマコウバシの葉柄はごく短いので見分けられる。
花期:4-5月
分布:本(山形、宮城県以南)・四・九
撮影:2019.4.4 横浜市南区
ヤマコウバシの果実
果実。 2018.9.19 川崎市宮前区

ヤマコウバシの枯葉
翌年の萌芽時まで枯葉のまま落ちない。 2018.2.6 横浜市南区

ヤマコウバシの樹皮
樹皮。 2018.2.6 横浜市南区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。