ヤマムグラ

ヤマムグラ(アカネ科)[山葎]

山地のやや乾いた林下に生える多年草で、茎は無毛で細く、よく分枝して高さ10-40cmになる。
1対ずつ大きさが異なる葉が4個輪生し、長さ1-2cmの広線形~披針形で無柄、先はとがる。葉の個数や大きさ(幅)は変異があり、上の画像の株は葉が広いもの。
枝先の長さ0.5-1cmの細い花柄の先に緑白色の花を数個つける。花冠は直径3mmほどで4裂し、外側に刺毛が生える。雄しべは4個、雌しべの花柱は2個。
果実は2分果からなる痩果で、曲がったかぎ形の毛が生える。
ヒメヨツバムグラは低地の日当たりのよい草地に生え、花は直径1mmほどと小さい。花冠裏面は無毛。輪生する4個の葉はほぼ同長で長さ1cmほど。
ホソバノヨツバムグラは湿地に生え、葉は4-6個が輪生し、花冠は普通3裂し果実は無毛。
花期:5-8月
分布:本・四・九
撮影:2016.8.4 神奈川県横須賀市
ヤマムグラの花冠裏面の刺毛
花冠裂片の裏側に刺毛が生えるのがよい特徴。 
2016.8.4 神奈川県横須賀市

ヤマムグラの果実(2分果の痩果)
痩果は2分果からなる。 2016.6.6 神奈川県逗子市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。