ヤマニガナ

ヤマニガナ(キク科)[山苦菜]

山地の林縁などに生え、高さ0.6-2mになる多年草。茎葉に剛毛がある。あまり横に広がらず、狭い円錐花序に多数の濃い黄色の花を上向きにつける。花は直径1cmほどで、小花は8-10個。葉は卵状楕円形~菱形。傷をつけると乳白色の液を出す。
花期:8-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.8.27 秋田県大館市
ヤマニガナの葉
ヤマニガナの葉。菱形になっている。 2004.7.25 青森県七戸町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。