ヤマニガナ

ヤマニガナ(キク科)[山苦菜]

山地の林縁や草地などに生え、茎は円く高さ0.6-2mになる2年草。茎や葉に剛毛がある。
葉は表面は深緑色で裏面はやや粉白を帯び、卵状楕円形~菱形で縁に鋸歯があり、先は鋭くとがり基部は広い翼のある柄状となるが茎は抱かない。下部のものは不揃いに羽状に切れ込むことが多い。葉の裏面脈上に沿って毛がある。傷をつけると乳白色の液を出す。
あまり横に広がらず、長さ20-40cmの狭い円錐花序に多数の濃い黄色の花を上向きにつける。頭花は直径1cmほどで8-10個の舌状花のみからなる。総苞は長さ約1cmの円柱形で総苞内片は5個、外片は外側のものほど短い。
果実は長さ3.5-4mmの扁平な楕円形の痩果で両面にそれぞれ3肋があり、先は狭くなって長さ0.3mmの嘴となる。冠毛は白色で長さ6mm。
ミヤマアキノノゲシは葉の基部が翼のある柄となって広く茎を抱く。チョウセンヤマニガナは九州北部に分布し、頭花は10-17個の舌状花からなる。痩果は長さ2.5-3mmで両面にそれぞれ4-5肋がある。
花期:8-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.8.27 秋田県大館市
ヤマニガナの葉
ヤマニガナの葉。菱形になっている。 2004.7.25 青森県七戸町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。