ヤマルリソウ

ヤマルリソウ(ムラサキ科)[山瑠璃草]

名は、ルリソウに似て山に生えることからついたものという。ルリソウのほうが深山に生えるイメージがあるので、単に区別するために「ヤマ」を冠しただけかもしれない。山地の木陰や湿った斜面などに生える多年草で、高さ7-20cmになる。全体に白い開出毛がある。
葉は互生し、縁が波打った長さ12-15cm、幅2-3cmの倒披針形で、ロゼット状に多数根生し、花時にも残る。茎葉は根生葉より小さくて上部のものほど小さくなり、基部はやや茎を抱く。
根元から地をはう数本の花茎を出し、先端の総状花序に直径1-1.5cmの淡青紫色の花をまばらにつける。花序は分枝せず花柄は長さ0.8-1.5mm、基部に苞がある。花冠は5裂して裂片は円く平開、基部の鱗片は2個ずつあって白色。咲き始めは赤味が強く、しだいに赤味が抜け、盛りが過ぎると再び少し赤味を帯びる。萼は5裂する。雄しべは5個で花筒から出ない。雌しべは1個。花が終わると花序は下垂して萼は長さ5-8mmに伸びる。
果実は4個の分果で、長さ3mm。
白花をつける品種をシロバナヤマルリソウといい、分果にかぎ状の刺があるものをトゲヤマルリソウという。
日本海側に生えるルリソウはよく似ているが、茎の中部の葉が一番大きいこと、花茎が直立すること、分果にかぎ状の刺が出ることなどで区別できる。
花期:3-5月
分布:本(福島県以南)・四・九
撮影:2006.3.29 東京都八王子市
ヤマルリソウ-2
2006.3.29 東京都八王子市

ヤマルリソウ-3
花冠は5裂して、基部の鱗片は白色。 2017.4.14 横浜市栄区

ルリソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。