ヤマトキホコリ

ヤマトキホコリ(イラクサ科)[山時ほこり]

山地の陰湿地に生える多年草で、高さ15-40cmになる。葉は互生し、ゆがんだ長楕円形。ウワバミソウとよく似ているが、こちらは雌雄同株で花序は球状に混生し、むかごもできない。葉の先は長くとがらない。ウワバミソウは茎が赤くなるので「赤ミズ」とよばれるのに対し、こちらは茎は赤くならず、「青ミズ」とよばれる。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.8.28 秋田県二ツ井町

ウワバミソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。