ヤマトキホコリ

ヤマトキホコリ(イラクサ科)[山時ほこり]

名は山に生えるトキホコリの意。牧野富太郎によると、トキはときどき、ホコリははびこるの意であるという。ウワバミソウが茎が赤くなるので赤ミズとよばれるのに対し、こちらは赤くならないので青ミズ(アオミズとは別種)とよばれ、同様に山菜として利用される。
山地の陰湿地に生える雌雄同株の多年草で、茎は緑色、多汁質でほぼ無毛、斜上して高さ15-40cmになる。ときにウワバミソウと混生する。
葉は無柄で互生して2列に並び、上方に湾曲した長さ5-10cmの長楕円形で縁に鋸歯があり、葉先はあまり長い尾状とならないが尾状になるものも多い。両面に毛がある。
花は葉腋につき、花序は無柄で球形、雌雄同株で雄花と雌花が混生し、ときに2-3cmの柄がある雄花序が出る。雄花の花被片と雄しべは4-5個、雌花の花被片は3-5個。
果実は長さ約1mmの長楕円形の痩果。
屋久島に産するヒメトキホコリは丈が10cm程度と低く、葉も小型で花序の総苞の縁に緑色の付属体がある。与那国島(よなぐにじま)に特産するヨナクニトキホコリは、ヒメトキホコリに似ていて葉の鋸歯が少ない。トキホコリは1年草で茎に開出毛があり、葉先は伸びない。
ウワバミソウはよく似ているが、ウワバミソウは雌雄異株。葉の先が尾状に伸び、花は初夏に咲く。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.8.28 秋田県二ツ井町

ウワバミソウに戻る アオミズに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。