ヤマウルシ

ヤマウルシ(ウルシ科)[山漆]

名は栽培されるウルシと違って山に生えるウルシの意。
丘陵地~山地の明るい林内に普通に生える雌雄異株の落葉低木~小高木で、直径10cm、高さ3-8mになるが、3-4m程度のものが多い。枝や葉に触るとかぶれ、近寄っただけでかぶれる人もいる。樹皮は灰白色で縦に褐色の長い裂け目があり、若枝は赤褐色を帯び、密な短軟毛が生える。冬芽は裸芽で褐色の軟毛が多い。
葉は枝の上部に集まって互生し、長さ25-50cmの奇数羽状複葉で小葉は4-8対。葉軸は赤褐色で軟毛が密生する。小葉柄は3-4mm。小葉は長さ4-15cm、幅3-6cmの卵形~卵状楕円形で、軸の基部につく小葉は小さく円形に近くなる。小葉の基部は広いくさび形~斜切形で先は急にとがる。表面に毛を散生し裏面脈上には軟毛が密生する。成木の葉は全縁または1-2個の歯牙があるが、幼木の葉は鋸歯が大きく目立つ。日本の樹木の中ではツタウルシとともに最も早く紅葉し、早いものでは8月中に鮮やかに赤くなり始める。
枝先の葉腋から長さ15-30cmの円錐花序を下垂し、黄緑色の小さな花を多数つける。花序の軸には褐色の粗い短毛が密生する。苞と小苞は膜質、長さ1mmの披針形。花弁5個は長さ2mmで狭長楕円形で開くと反り返る。雄花は花柄1.5-2mm、萼片5個は長さ8mmの楕円形。雄しべ5個は花外に突き出る。雌しべは小さく退化。雌花は小さい雄しべと雌しべが1個で花柱は花外に突き出て柱頭は3裂する。
果実は9-11月に熟し、淡黄色で直径5-6mmの扁球形の核果。外果皮は剛毛に被われ、のちに外果皮が剥がれ白いロウ質で黒い筋のある中果皮が裸出する。核は黄褐色、扁球形。
ウルシと違って漆液が少ないので、ウルシのようには利用できず、材も役に立たない。
葉柄や葉軸の緑色のものをアオヤマウルシといい、まれに生育する。
漆液を採取するウルシは、中国、ヒマラヤ原産で奈良時代以前に朝鮮半島から伝来した。樹高は5-15m、直径30cmになり、小葉は4-5対と少なく、ヤマウルシより葉が大きく表面は無毛、核果は直径7-8mmあり、無毛で滑らか。
関東地方以西に分布するヤマハゼは樹皮は褐色、幼木でも葉の縁は全縁、核果は直径0.8-1cmで無毛。ハゼノキは関東地方南部以西に分布し、小葉は細く両面無毛で光沢があり、先が細長くとがる。核果は直径0.8-1cmで無毛。
ヌルデは全国に分布していて、葉軸に翼があるので簡単に見分けられる。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:1997.9.21 青森市
ヤマウルシ-2
2004.5.30 岩手県北上市

ヌルデに戻る ハゼノキに戻る ツタウルシに戻る ヤマハゼに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。