ヤマザクラ

ヤマザクラ(バラ科)[山桜]

低山に広く自生し、高さ15-25mになる落葉高木。幹は直径0.8-1mになる。
園芸品種も多く、庭木や街路樹、公園樹としても植栽される。
樹皮は紫褐色~暗褐色で滑らか。横に長い皮目が目立つ。若木のうちは光沢がある。葉や花序が無毛であることが大きな特徴。
葉は互生し、新葉は普通は赤茶色だが淡緑色まで変化がある。成葉は長さ8-12cm、幅3-5cmの長楕円形~卵形で縁に細かく鋭い単鋸歯または重鋸歯があり、先は尾状に長く伸びとがり基部は円形~広いくさび形。両面とも無毛で裏面は白緑色。葉柄は無毛で赤味を帯び長さ1-3cm、上部に1対の蜜腺がある。
若葉の展開とほぼ同時に、前年枝の葉腋に散房状に2-5個の花を咲かせる。花の各部は無毛。花柄は長さ1.5-3cm。花は直径2.5-3.5cmで白色~淡紅白色。花弁は5個あり長さ1-2cmの広倒卵形で先端は切れ込む。雄しべは35-40個で無毛。花弁や花柱とほぼ同長。雌しべは1個で花柱の先は頭状。萼筒は無毛の長鐘形で萼片は長楕円状披針形で全縁。
果実は直径5-7mmのほぼ球形の核果で5-6月に紫黒色に熟す。核は扁平な卵形で滑らか。
葉柄や花柄に毛のある品種をウスゲヤマザクラという。
北日本に多いオオヤマザクラは、葉よりやや早く紅紫色の花をつけ、ヤマザクラより色が濃く大きい。
カスミザスラは葉の裏面、葉柄、花柄、萼筒に開出毛がある。
花期:3-4月
分布:本(宮城・新潟県以南)・四・九
撮影:2017.3.24 神奈川県葉山町
ヤマザクラ-2
2017.3.24 神奈川県葉山町

ヤマザクラ-3
2009.4.6 東京都奥多摩町

カスミザクラに戻る オオヤマザクラに戻る オオシマザクラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。