ヤナギタンポポ

ヤナギタンポポ(キク科)[柳蒲公英]

葉が柳に、花がタンポポに似ているのでこの名がある。
山地のやや湿ったところに生える多年草で、高さ0.3-1.2mになる。花時には根生葉はない。茎葉は多数互生し、長楕円状披針形で先はとがる。縁に粗い鋸歯があるかまたは全縁。
頭花は直径3cmほどで、舌状花のみからなり、総苞は黒っぽいものが多い。
高山に生えるミヤマコウゾリナと同属だが、葉を見なければコウゾリナとも似ている。
花期:8-10月
分布:北・本・四
撮影:2004.8.1 岩手県山形村

ミヤマコウゾリナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。