ゼニアオイ

ゼニアオイ(アオイ科)[銭葵]

名は、花の形を銭に見立てたものという。果実の形は銭の穴にひもを通して輪にしたものによく似ており、こちらのほうが本当の由来ではないかと思う。
ヨーロッパ原産の2年草で、江戸時代に観賞用に移入され、現在でも植栽されているが、人家周辺の空き地や道端などで野生化している。
茎は緑色の円柱形で無毛またはまばらな毛があって直立し、下部で分枝して高さ0.4-1mになる。
葉は長柄があって互生し、直径7-13cmのほぼ円形で浅く5-7裂し、裂片は円く縁の鋸歯は鈍くとがり、基部は浅い心形。ほぼ無毛。
花序は葉腋から出て束生し、花柄は花期に長さ約1.5cmと短いが、果期には伸びる。萼に接する小苞は幅が広く、長楕円形~卵形。萼は浅く5裂し、裂片は3角形で果期に果実を包む。花は直径2.5-3.5cm。花弁は平開し5個、淡紫色で濃紫色の筋があり倒心臓形で先はくぼみ、基部はくさび形。雄しべは多数あり、花糸の下半部は合着して1個の筒となり、雌しべを囲む。花柱の先は10裂する。
果実は10-11個の輪状に並んだ分果からなる。分果の表面は網状脈があり、成熟すると蜂の巣状にくぼむ。各分果は1個の種子を入れる。
花と葉を日干ししたものを錦葵(きんき)といい、煎汁をうがい薬とする。生花または乾燥した花はハーブティーとして利用される。
よく似たウスベニアオイは、花が淡紅色~白色で、葉の切れ込みが深い。
花期:6-10月
分布:帰化植物
撮影:2002.6.22 埼玉県東松山市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。